妊娠中に注意すること

20140109_131653

☆食事
タンパク質、カルシウムが多く含まれる食事を与えます。やはりバランスのとれた良質のドッグフードがベストでしょう。胎児が成長するにつれて母犬の食欲も旺盛になります。子宮に胃腸が圧迫されますのでドッグフードなどは1日に3,4回にわけて与えます。

☆運動
適度な運動をする事で出産をする体力をつけさせ、また お腹の中の胎児が大きくなりすぎるのを防ぎ出産をスムーズに行うことができます 。とはいえ過度の運動は逆に体力を消耗してしまいますので散歩程度がいいでしょう。

☆駆虫
母体に寄生虫がいると胎児に感染するので妊娠前に駆虫をしておきます。

☆母犬の精神状態
いつもよりイライラしたり精神的に不安定になります。過度なストレスを与えないようにしましょう。過度なストレスで流産する場合もあるようです。

☆胎児のの数
妊娠後42日を過ぎたあたりでx線で胎児の数が確認できます。