雌犬の発情期は年2回あります。雄犬には発情期はありませんが雌犬の発情期に反応し発情します。

20140110_021113

発情前期:雌犬の陰部より出血が現れる10日間。そのフェロモンにより雄犬が引き寄せられます。しかし雌犬はまだ雄犬を受け入れる準備はできていません。陰部が膨らみます。

発情期:雌犬の出血がなくなると発情期に入り、続いて2~3日後に排卵が起こります。ただし発情期だからと言っても誰でもかれでもと交配するのではなく気に入った雄犬とのみ交配します。排卵後発情期は終わります。

妊娠期間:排卵の前後5日間が妊娠可能期間です。

発情周期:生理、いわゆる発情期は3~6ヶ月に1回おとずれます。

妊娠判定期間:交配後20日以降で 超音波や 触診で 妊娠を判定できます。